Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ようやく出発しましたが

ようやくラボのキックオフミーティングができました。例年、ラボは4月初旬にスタートするので、ほぼ3週間遅れのスタートです。今年度の注意事項はこれまでに比べてかなり多いですが、いざというときに対応できるようにしておかないといけません。まだ余震のリスクが高いので油断は禁物です。常に余震を気にしながら実験するというのは大変な負担です。超遠心機などを長時間回すのも怖いので研究手法の制限もかかります。ラボマニュアルのしっかりしたものを作らないといけません。

いずれにしろうちのラボは、安全第一で一年過ごすことを目標にしようと思います。安全に研究するためには研究環境の改善をすることが大事ですが、それについては妥協しては駄目です。今日も安全衛生委員の先生に率直に意見をしてしまいました。有機溶媒や強酸、強塩基などは学部で一括管理した方がいいと述べました。これがなかなか実現できないそうなのですが、なぜ実現できないのか理解できません。ストップをかけている方にご説明いただいた方が良いでしょう。6階で被災すると下層階の火事がとても怖いです。学部で最も良いと思われる安全な研究環境を早期に実現すべきだと思います。人さまのご子息を預かって研究活動しているということにもっと留意すべきです。楽観的なムードが漂う学内にかなり違和感を覚えます。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-04-22 22:49 | 教育
<< 研究ディスカッション開始、節電 研究上で大きな障害はない?! >>