Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

飼料の汚染、新成長戦略

大学院の講義では農水畜産物の放射性物質汚染について受講生に調べてもらっています。今日はその中間報告会をやりました。大学院生なのでさすがに良く調べています。調査内容は水産物、畜産物、飼料の放射性物質汚染についてで、どれも興味深いものですが、深刻な状況であることを再認識しました。最近、雑務が多くて、原発動向を全くフォローできないのですが、この状況が長期間続くとなると思うと、私たちのキャンパスでもそれなりに放射性物質安全対策を講じる必要があるかもしれません。特に農学部は土をいじりますので、キャンパス内の詳細な汚染状況は調べておいた方がいいでしょう。フィールドで作業していると汚染されて、逆にRI実験エリアに入れないということにならないとも限りません。汚染状況の調査をして具体的な対策を講じるべきでしょう。放射性物質汚染が長期化することは間違いし、しかも農場などは食料を扱いますから、より慎重な対応をすべきだと思います。早く動いた方がいいでしょう。まず、学生の安全を確保することは必要です。私も原発事故について少し不感症になっているようですが、事故後のあの「雰囲気」を忘れてはいけません。

いずれにしろ、小さい子供がいる親にとっては頭の痛い問題です。

書類作成のために、政府の新成長戦略の文書を読んでみました。この大震災後に読んでみると正直あまりピンときません。大幅に改編する必要があるでしょう。まずは復興戦略にすべきでしょう。原発処理も重くのしかかります。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-05-20 22:01 | 教育
<< 畜産学会常務会、学会の力量 夏の節電対策 >>