Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

オムニバス講義

「家畜と人間」という教養のオムニバス講義の担当が終わりました。私もオムニバス講義を3つくらい抱えていて、毎年それぞれ2回当番がまわってきます。つまり6回、540分はオムニバス講義をしているということです。「家畜と人間」という講義は、毎年、受講生が非常に少ないのですが、今年も10名程度の受講生が聴講していました。ニーズがあまりない講義なのですね。必修の科目でないこともあるのかもしれませんが、居眠りする学生の多い講義でもあります。学生にとっても単位の数合わせのためだけの講義なのでしょう。カリキュラム改革ではこういう講義はどんどん削減して頂いて、教員と学生の無駄な負担を軽減することも大切です。そのエネルギーをもっと別の講義や実習に向けた方がはるかに生産的だと思えます。オムニバス講義が多い状況も再考する必要がありそうです。どうも分担というのは調子がつかみにくいのですね。他の分担者が配布したレジュメなどを閲覧すると調子狂います。分担者によって講義に対する取り組み方が全く違うということが如実に出ています。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-06-22 23:23 | 教育
<< 学内研究推進助成金報告会 ディスカッションの日 >>