Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

学園祭、入試相談

農学部の学園祭でした。毎年、息子を連れて参加していたのですが、震災を経験して、子供を職場に連れてくるのが怖くなり、今年は私一人で参加しました。息子にしてみたら不満だったようで不機嫌でした。教職員や学生たちに遊んでもらったことをよく覚えているのでしょう。実は、3・11の震災当日に研究室の追いコンをする予定でしたが、そこに子供を参加させるつもりでした。6階のオフィスに子供がいてあの大震災がきたことを想像すると今でも背筋が凍る思いをします。あと2時間、地震が遅れていたら一緒に被災していたでしょう。気軽に自分の職場に子供を連れてこれないというのは何ともさびしく思えます。小さいことですが震災と原発事故の影響を受けていることを実感します。

今日は入試相談コーナーも設置されて私は相談員をしましたが、相談に来る受験生はみなさん、気持ちの良い明るい感じの方が多いですね。原発事故の影響を心配する声が出るかと思いましたが、それよりも大幅に変わる入試科目についての質問が多かったです。入試科目が変わると受験生やその親は不安でしょう。自分が受験生だったときは、国公立大学のA、B日程や前後期日程など毎年入試制度が変わったのですが、制度を変える原因となった大学の受験に2度失敗したら、海外に出ようと思ったものでした。受験生のためにはあまり頻繁に入試制度を変えてはいけません。何年も前から受験対策をしている受験生がいるわけですから、そうコロコロと入試科目を変えられると、最終的には受験生を失う原因になりそうです。信用を失うということです。小規模の学部は来てほしい受験生のタイプを明確化して、入試システムもそれに合った形にすべきでしょう。ここはもっと知恵を出した方がいい。それができないと今後ますます少子化が進む中で、安定的な入試にはなっていかないように思えます。受験生の多寡でコロコロ入試科目を替えているようでは、その大学はすでに終わっていると思うべきです。入試制度をいじってもその効果が長く続くことはないことは自明です。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-11-05 17:29 | その他
<< 外回り 関東畜産学会 >>