Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

TPP、原発事故と農学部

日本政府はTPP交渉の席につくことが決まりました。これから具体的にどう交渉が進むのか注視しないといけません。交渉の進み具合では農学部の入試にも影響してくるのではないかと思えます。農業関係者やそれを支持母体とする政治家がTPP交渉参加に猛烈に抗議しています。その姿がニュースになるわけですが大学受験生、特に農学部を希望する高校生にどう映っているのか気になります。また原発事故の影響を受けた地域の農産物「風評被害」のニュースも、農学部を希望している受験生に影響してくるかもしれません。日本の農業は高校生が将来目指すべき職業として魅力的に映っているでしょうか?保守的でどうも安全性もしっかり確認しないまま生産物を売り急ぐイメージになってしまっているように思えます。そうでない進歩的で世のなかのニーズをよく分かっている農家もたくさんあるわけですが、なかなかそういう農家がメジャーになってこないのはなぜでしょうか。理由はあるはずですが、高校生くらいの若い人はそういう部分を敏感に察知するでしょう。今まで通りの農業をサポートするだけでは農学部も近い将来、行き場を失うでしょう。学部改革は10年20年先の日本の農業のあるべき姿をイメージしてやるべきですが、どうもその手の議論はあまり聞こえてきません。ポスト3・11や今回のTPP交渉参加で農学部の進路はドラスティックに変わってきたと思うのですが違いますかね。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-11-12 22:03 | 教育
<< 微生物資材と放射能汚染 学部改革 >>