Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

復興元年

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます

年末年始は2つのリジェクト論文を抱えながら6日間フルに休みました。子供とじっくり時間を共有できたのは良かったです。疲れましたが。箱根駅伝の東洋大の力走もすごかったですね。一年前の僅差の敗北から恐ろしいほどの成長ぶりです。1年であれほどまでに変わることができるというのはすごいことです。もともと優秀な選手が集まっているわけですが、さらにそこから大幅に上積みできるというのが素晴らしい。東洋大は、昨年、敗北した翌日の早朝から練習を再開させたそうですが、その心がけで一年ずっとやっていったのでしょう。地獄のような練習に耐えたのでしょうが、そういうことを感じさせないスマートさが今の選手たちにはありますね。それも好ましい。レース後の柏原選手の被災地を思うコメントも良かったですね。今まで聞いた選手のコメントで一番良いものでした。彼は富士通に入ってフルマラソンに転向するそうで、公務員ランナー川内選手のようになりたいというコメントが今朝の新聞に出ていました。あの二人が活躍すれば男子マラソンもずいぶん活性化することでしょう。ふたりが闘志むき出しで競うレースを早く見てみたいです。

今年は研究室の復興元年です。3月に危うく死にかけた状況から復旧作業につとめ、年末には研究室の補修も終了し、これから被災したものに代わる新しい備品も入ってくることでしょう。研究室は被災前にくらべてずっと環境が良くなっています。国民に支えられて研究しているということを今まで以上に実感していますし、また責任も感じています。震災後の日本で私たちの研究室が真に貢献できる研究とは何かをもう少し考えていきたいと思います。

今年の目標ですが、5つは論文発表したいです。昨年、難産に難産を重ねた結果、ようやくストレスモデル動物の論文を世に出すことができましたので、そのモデルをベースにした論文を発表していこうと思います。かなり興味深いかつ重要な知見が出てきていますが、ある程度以上のジャーナルに投稿するとうちの大学施設では対応不能の追加実験を要求されますので、いろいろな方に共同研究をお願いすることになると思います。

新しい研究プロジェクトもいくつかスタートすることになります。共同研究も含まれますが、研究を進捗させることと人材を育成することを如何にうまくやっていくかが大きな課題になります。4年生主体の素人集団をどこまで戦える集団に成長させることができるか。どうモラルアップさせるか。今の学生の最大の関心事は就職でしょうから、そこをあえて研究に目を向けさせるにはどうしたらよいのか。研究職のポジションが減っている状況であえて研究を選ぶ意味とは。これには知恵を絞らないといけません。

教育については、私のレギュラーの講義「生化学」については、もう少しレベルの高い学生にも楽しんでもらえるような講義内容にしようと思います。今までの講義では高校生物や化学の復習ですので、しっかり生物や化学を勉強してきた学生にとってみれば何も新しいことを学べないでしょう。それは成績を見ればはっきりしているのですが、これは改善します。

何はともあれ新年のスタートというのはいいものです。ひさびさにお会いした教職員はどの方も元気でテンションの高さを感じます。
[PR]

by atsutoyoda | 2012-01-04 14:08 | 大学
<< 昼食会 一年 >>