Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

大学入試センター試験

大学入試センター試験が終了しました。今年のセンター試験のやり方は、特に社会と理科が2科目受験、1科目受験が可能となり複雑怪奇で、試験一日目にすでに3000人ほどの受験者が試験開始時刻の変更などの影響を受けたそうです。リスニングプレーヤーが届けられていなくて、リスニングテストの開始時刻が大幅に遅れた会場もありました。今日、試験二日目のトラブルの状況はまだ不明ですが、いろいろあったことでしょう。明日の朝刊のセンター試験に関する記事はある程度、予想がつきます。センター試験の方法がどんどん複雑化していますが、試験会場の運営に限界が来ているということでしょう。受験者にとってもセンター試験の全体像を把握するのは大変でしょう。今朝のニュースで、センター試験のトラブル頻発について、大学入試センターが、現場が不慣れだったというコメントを出していましたが、まったく現実が分かっていないということで、どこの現場担当者も怒っていると思います。理想論だけが先行し、まったく現実が分かっていない人たちが作ると、こういうものができるという良い事例だと思います。センター試験だけではないでしょうが、入試でこういうものを作られると困ります。若い人の将来がかかっていますので、なるべくエラーの起こりにく方法を取らないといけません。受験機会を増やすのはいいですが、エラーが増えるような方法は望ましくないと思えます。

入試システムが複雑になると、そこをつく不正も起こりうるということをもっと考えておかないといけません。最終的に不利益を受けるのは受験生ですから、もっとエラーが起こりにくいシンプルな試験方法に戻した方が良いと思えます。
[PR]

by atsutoyoda | 2012-01-15 23:40 | 大学
<< センター試験の後始末 大学入試センター試験直前、捏造疑惑 >>