Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

再現性をとること

ここ数年、マウスの行動学をやっていますが、データの再現性をとるのがなかなか大変です。実験動物のマウスといえども個性的な動きをする個体が絶対に出てきます。データがばらつくのですね。昨年度の4年生MSさんが始めた実験がまだ決着つかずに新人のTYさんとRKさんが引き継いでいます。大変な道のりですが、これが生物の研究ということでしょう。研究対象に翻弄されるわけです。翻弄されるのを楽しむくらいでないといけないのですが、そういうことを言うと実験担当者に怒られそうです。

データに翻弄されるのも研究者の特権かと思います。データ捏造する人は翻弄されることに疲れたのか、許せないのかわかりませんが、あまり研究者には向いていないタイプだと思います。PIはこの手の「向いてない人」がラボに入ってきたら、それなりに予防線を張るべきなのでしょう。問題はこの「向いてない人」をどう見極めるかですね。捏造問題の本質はここにあると思います。どんなに啓もう活動しても「向いてない人」が研究者コミュニティーからゼロになることはありえないでしょう。
[PR]

by atsutoyoda | 2012-04-06 15:38 | その他
<< タウリンミーティング、帰国 モロッコ >>