Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

飼料資源科学特論最終日

管理人は飼料資源科学特論という大学院生向け講義を担当していますが、放射性物質の農水畜産物に及ぼす影響について受講生に調べてもらうというものです。今日は最終日でその成果発表会を行いました。今年は6名の受講生でしたので、2名ずつグループにしてテーマを設定してもらいました。それぞれ、海洋生物への放射性物質の濃縮、畜産物の放射性物質汚染、原発事故に関する情報の捉え方の3つのテーマで調査しました。畜産物についての発表で出てきたのですが、独立行政法人家畜改良センターのホームページにいくと、警戒区域内の牛の個体識別番号が公表されています。一部情報開示していない部分があります。これについて聴衆で議論になるかと思いましたが、そうでもなかったのが意外でした。一時的に牛の履歴情報を開示していないのですが、この措置は正しいのかどうかについてもう少し議論してみたかったと思います。今日の講義に参加してくれたYT先生からのコメントですが、汚染された地域の農業はやめるべきか否か、やめた場合に我々にはどういう影響があるのか、低線量被曝による影響とどちらを取るかという議論もしたかったですね。なかなか学生たちがこういうテーマで生々しい議論をするのはまだまだ難しいかもしれませんね。今日はこれから受講生たちと一杯やりますが学生たちの本音を聞いてみたいと思います。

【参考】
「警戒区域内の牛の個体識別番号の公表について」(独立行政法人家畜改良センター 掲載日:平成24年5月2日)
https://www.id.nlbc.go.jp/html/oshirase_back.html#2012050201
[PR]

by atsutoyoda | 2012-06-08 17:30 | 教育
<< バレーボール 目指すべき新しい大学像 >>