Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

北米神経科学会

10月12日から18日まで北米神経科学会(SFN)でニューオリンズに博士課程のIW君と行ってきました。ヒューストン経由のUnitedでニューオリンズには夕方遅く着きました。空港から時速70マイルで30分飛ばすと市街地ですが、大きい街ではありません。途中、アメフトの巨大な競技場を通過します。セインツのメインスタジアムですが、3年前にスーパーボールで優勝したチームですね。ホテルは学会場であるコンベンションセンター向かいのマリオットに取りましたが、有名な観光地であるフレンチクオーターのバーボンストリートにも歩いて行けます。街のメイン・ストリートであるカナル・ストリート周辺は夜でも人通りが多く、安全そうなので歩いていましたが、一歩フレンチクオーターから外れると治安が悪いということです。たしかにバーボンストリートとの交差点からカナルストリートを北上したら、人気が少なくなって雰囲気がガラっと変わりました。酔っぱらいも多いです。バーボン・ストリートはさすがに観光名所で賑やかでした。ライブハウス、オイスターバー、VooDooショップ、ストリップが軒を連ねます。高田馬場の栄通りを思い出しました。

実はSFNに参加するのは初めてなのですが、かねてより噂では聞いていましたがあまりに巨大で驚きました。3万人の参加者でポスター会場は呆れるほどでかいのです。毎日15kmくらいは歩いていたようです。会場内だけで毎日10kmは歩いていたのでしょう。お陰で毎日3食の高カロリーな食事でもなんとか太らずに帰ってこれました。足の指にでっかい豆を作って往生しました。あと、会場の冷房が効き過ぎで異常に寒かったです。にも関わらず、皆さんみな薄着でしたね。女性も薄着です。寒がっていたのは日本人だけでしたか。

学会での収穫はまた機会を改めて書きたいと思いますが、こういう世界中から研究者や学生が集まってくる巨大学会には、博士課程はもちろん、是非、学部や修士課程で研究をはじめて間もない学生さんが参加すると良いのではないかと思います。いきなり国際舞台に立つとそれが当たり前になるでしょうし、自分の研究テーマの世界的な位置づけもはっきりするでしょう。大学でのグローバル教育が重要だというわけですから、学部生や修士課程の学生の学会渡航費も予算確保していただくとありがたいですね。
[PR]

by atsutoyoda | 2012-10-25 22:45 | 学会
<< 北米神経科学会漫遊記2 ノーベル生理学医学賞 >>