Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

新人さん

研究室に新人さんの学部3年生が3名入って来ました。今日は個人インタビューをしました。これから一年、何を研究していこうかディスカッションするわけですが、まだまだ右も左も分からない3年生にとって研究テーマを見つけてくるのは大変なことでしょうね。管理人が研究テーマから実験計画などすべて決めてマイクロコントロールで指導しても良いのですが、それはやめています。むかしはそれに近いことをしていましたがやめました。今は、管理人が研究の大枠は示しますが、むしろ自分で考えてくれという態度です。逆にこれが学生にとっては厳しいのかもしれませんが、このご時世、自分でものを考えられない学生を大量に輩出しても具合よくないでしょう。研究の進捗は度外視してそうしています。放牧的教育といううまい言葉を使った大先生がいます。もちろんディスカッションは随時するので変な方向に研究が進むことはありませんが、うまくいく場合とそうでない場合がありますね。学生によってはマイクロコントロールしないとダメなケースもあります。教育スタイルは学生によって使い分けないとダメですね。

大学や学部改革を急ピッチで進めるよう求められているわけですが、研究現場での教育改革はどうすべきか悩みますよね。就活や講義が圧迫して、非常にウエイトが小さくなってきたラボでの実験研究教育のノウハウというのはもっと教員同士で議論して情報交換しても良いと思います。
[PR]

by atsutoyoda | 2012-11-08 22:47 | 教育
<< 関東畜産学会 北米神経科学会漫遊記3 >>