Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

飼料資源科学特論発表会

大学院修士課程の飼料資源科学特論が終了しました。今年度は下記の3つの課題について調査し、本日その成果の発表会を行いました。事前の宣伝が足りなかったのか聴衆がほとんど集まらなかったのですが、かなりディープな議論ができました。

演題1:「福島第一原発事故による子どものこころとからだへおよぼす影響」(小池広明、豊田淳)
演題2:「東日本大震災および福島第一原発事故による農家の被害と現状」(岡部慎也、小澤翠)
演題3:「自然災害による家畜へのストレス」(木村圭史郎、Windi Alzahra)


演題1では、原発事故以降に福島県での子供の体重変化についての話題でした。事故後に郡山市の幼稚園児の体重増加が通常の4分の1に減少したこと、その後、福島県の肥満傾向児の割合が増加したことなどを紹介されました。特に郡山市の幼稚園児の体重データでは、理論的に原発事故後に子供の体重が減少していたことになり、これは長期的に見ても非常に懸念されることであると思えます。

演題2では、原発事故後以降の福島県農業の現状を紹介されました。福島県では事故後に耕地の利用率が減少し、野菜の平均単価も09年度比で80%とのことでした。モモ、ナシなどの特産品価格も低迷し、農家人口も5%減で新規就農者数の低下が顕著だとのことです。ただし、福島フルーツマイスター制度のような仕組みでネット通販などを活用する取り組みも徐々に出てきている状況を紹介してくれました。

演題3では、原発事故後の福島県の畜産とインドネシア火山噴火と畜産について発表されました。とくにインドネシアからの留学生Windiさんが流暢な英語でインドネシアのMerapi火山が如何に酪農に影響を与えたかについての紹介がありましたが、火山灰で牧草、水が汚染し利用できなくなり、一時的に90%以上も生乳の生産が減少したとのことでした。

大災害でわれわれは何を学んだのか、またこれからどうすべきなのか、事あるごとに議論すべきだと思いますが、この特論の講義は管理人にとっても良い機会になっています。
a0190525_1915437.jpg

[PR]

by atsutoyoda | 2013-06-07 19:16 | 教育
<< 情報発信再開します 退職記念パーティー >>