Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 98 )


つくば国際大学非常勤講義4回目

昨年12月から、つくば国際大学に非常勤でいっていますが、今日で4回目の実習でした。全部で7回なので半分終わりました。学生の雰囲気が良いので楽しんでいます。日本人の食事摂取基準の各項目を学生にまとめさせてパワーポイントで発表させるという実習ですが、学生もだんだん作業になれてきたようでプレゼンも要領よくなりました。ただ学生からの質問がでないのはどこでも共通していますかね。ガンガン質問してくる学生さんはどこの大学でもマイノリティーなのかもしれません。30人もいるクラスで質問するというのはなかなか勇気のいることでしょうか。

ある学生が妊婦のエネルギー摂取基準についてプレゼンしたので、私の嫁さんが妊婦のとき産婦人科で厳しく体重をコントロールされたことを話し、妊婦の体重増加の制限がリーズナブルかどうか聞いてみました。意外にも(失礼)しっかりした答えが返ってきたのでびっくりしました。2年生ですがよく専門の栄養学を勉強しています。半期で分厚い食品学の教科書を一冊終えるとかでノートも教科書もびっしりと勉強したあとがありました。教員がすごく授業を工夫しているだろうというのは学生のノートをみれば予想できます。もともと栄養士の資格を取るコースですから当然かもしれませんが、農学部の学生にもこのくらいのレベルの栄養学を勉強させたいものです。農学部でもヒトの栄養学が必須でも良いのではと思うのですね。そういう農学部改革案を持っていっても一蹴されるでしょうけど、本来の農業のミッションを考えればヒトの栄養がベースにならないとおかしいはずです。ヒトの栄養学を教えているの旧農芸化学系の講座だけでしょうか。単位互換制度でも作ってつくば国際大学で栄養学の講義を受けさせても良いかもしてません。生理学や疾病学などもずいぶんレベルの高いことを教わっているようですから、そういう講義は両大学でシェアできるとよいでしょう。文科省の考える大学改革の方向性ともマッチしそうですが如何なものでしょうか?
[PR]

by atsutoyoda | 2012-01-12 22:26

42回目の誕生日

本日で42歳になりました。すでに充分に中年のはずですが、頭の中身や行動は20年前とあまり変わらない気がします。自分が老けこんだとは思っていませんが、酒や食事の量は確実に減りました。夕方、同僚のOT先生たちがコーヒーとマロンケーキで祝ってくれました。ありがたいことです。
この誕生日は特別です。東日本大震災、福島原発と困難な課題が継続中ですが、これからの後半人生はこの諸課題と共に歩むことになるのでしょう。タフな人生になることは間違いありません。核燃料がメルトダウンしたことも正確に伝えない政府とともに歩むのは嫌ですが、なんとかこの国でサバイブしていくしかありません。あと20数年の現役時代で自分がこの国でどういう役割ができるのか考え直したいと思います。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-05-16 21:34

暑い

いよいよ明日からゴールデンウイークです。去年は申請書の作文作業ですべて休みを潰しました。結局、すべて報われることのない作業でした。今年も作文しなければいけない文書がわんさかあるのですが、少し休んでおこうと思います。松本の浅間温泉に行く予定です。ツール・ド・美ヶ原でいつもお世話になっている宿でのんびりします。ロード自転車も持って行ってこっそりヒルクライム練習しようと思っていますが、数日前に美ヶ原は雪が降ったということなのでどうなることやらです。

しかし暑いですね。車で外に出ましたが暑くてエアコンをかけたくなりました。ぐっと我慢しましたが、4月の終わりですでにこんな暑さでは夏場が思いやられます。今のうちに研究を進めておかないといけません。暑くて頭が働かなくてもできる雑用は、この際、残しておきましょう。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-04-28 13:08

M8の余震

M8の余震が来る可能性があるそうです。どこが震源になるか分かりませんが、私の職場も震度5とか6台になることは予想されます。今の状況で震度6強が来たら建物が耐えらるのか不安があります。6階の私の実験室などは再び厳しい状況になることは間違いありません。私のラボがある研究棟を建築士は安全と評価したそうですが、安心とは程遠い環境です。ラボのメンバーにも不安の色が濃くなってきました。決断が必要な時期に来ているのではないかと思い、別棟の研究棟に一時避難をすることにしました。メンバーの安全を確保することが、私にできる最も重要なことです。

別棟の研究室に行き状況確認しましたが、壁などに損傷もなく、いつもと変わらない状況でした。心理的に全然違います。壁に深い亀裂が入って、始終、ゆらゆら揺れている環境よりもずっと安心できます。もちろん安心しきってはいけませんが、少なくとも不安のレベルは下がります。夕方、そのゆらゆら揺れる研究棟の2階で会議をしましたが、2階にいるだけでずいぶん心理的に楽です。下層階にいる教職員には上層階の状況が分かりにくいかもしれません。被災状況をシェアして危機意識を全構成員で共有することが今後の災害を防ぐために重要ではないかと思います。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-04-14 13:10

非常時に分かること

3月11日に始まった一連の大災害ですが、相変わらず大きい余震と原発事故で一時も気が休まるときがないという感じです。このひと月にいろいろなことが分かりました。その立ち振舞いを見て、「人」が良く分かるというのは以前にこのブログでも書いたのですが、大学には無駄な事務作業が如何に多いかということも良く分かります。この際、組織や事務処理を一気に簡素化する努力をしてみては如何でしょうか?あらゆるシステムの簡素化を目指し、それを実現することはエネルギーの効率化と同じ意味を持つと考えるべきでしょう。カリキュラム改革ももちろん大切ですが、この夏の電力需要を下げるような学内運営を実現することが重要に思えます。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-04-13 18:10

余震

大震災からひと月たちました。14時46分に黙祷しましたが、その夕方にでかい余震がありました。ちょうど一日の復旧作業を終えて、そろそろ帰宅しようとしたときでした。事前に申し合わせていた通り、学生とキャンパスの広場に避難しました。研究棟にいた人はほとんど避難したようです。幸い6階の私の研究室は書籍がいくつか落ちた程度で済みました。残念ながら学生から送られた花瓶は割れましたが、廊下に積み上げた段ボールの空き箱が散乱した程度で人的被害はなかったようです。

予想は出来ていましたがまだまだ気を緩めてはいけません。しばらくこの不安定な状況が続くと思っていた方が良いと思います。気の緩みのある人は断固として批判し行動を改めるように説得すべきだと思います。あまり楽観的な態度はよろしくありません。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-04-11 21:33

洞峰公園

久々に洞峰公園に息子と行きました。震災以来、はじめてのことです。震災直後はほとんど小さい子が遊んでいなくて、ランニングしている人も少なかったのですが、今日はいつも通りの洞峰公園でした。ウエアできめたJoggerも多くて焦りました。豚児は遊具から落下して痣を作ったり、犬のウンコでボールが汚染されたりしてましたが、久々に良い週末でした。平和な週末が続くことを祈ります。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-04-10 22:03

中耳炎

息子が中耳炎になったみたいです。午前中、行きつけの耳鼻科に行きましたが、2時間近く待たされました。患者さんが多いのですね。花粉症の患者さんが多いからでしょうか?診察が終わった後、妻が薬局に行きました。息子と私は車で待っていましたが、薬局のスタッフの若い女性が我々の車を凝視していました。どうも息子だけが車に置き去りにされていると思われていたみたいです。運転席にいる私を認識して安心して職場に戻ったみたいです。親切な方ですね。心遣いがありがたいです。この方のような心遣いがとても大切なのではないかと思います。私も心掛けないといけません。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-04-09 22:26

震災復旧作業で分かること

大震災から今日で4週間経ちました。あっという間でした。この間、学生の安否確認をしたり、家族を関西に避難させたり、公私にいろいろありましたが、まずは順調に研究室の復旧が進んでいると思うべきでしょう。昨日のM7.4の余震で東北大の友人の研究室は再び大変な状況になったようです。言葉もありません。復興を祈るばかりです。幸い、私の研究室には被害がありませんでした。

この非常事態でいろいろなことが見えてきます。大学執行部の対応などもその「程度」が分かります。また、熱心に復旧作業に協力してくれる学生さんがいる反面、教員が作業しているのに手伝うそぶりも見せない学生さんもいるわけです。この非常事態だからこそ分かるものがあります。今、周囲の人がどのように振る舞うのかを良く見ておきたいと思います。自分も今の行動が見られているわけです。今、自分が何をしなければいけないかということが分かっていない人とはあまり関わりたくはないです。時間の浪費でしかありません。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-04-08 21:32

柏餅、改善

大学のそばの団子屋で柏餅を買ってきました。おやつ時に学生と食べました。たわいもない話をしながら休憩しましたが幸せを感じます。震災直後には4月の初めにこういう平凡な時間を学生と共有できるとは思えませんでした。明日でちょうど震災から4週間経ちます。あっという間でしたが、確実にラボ復旧は進んでいます。まずはラボ復旧をして、そこから改善をしていくことでしょう。この改善については被災していない下層階の研究室も歩調を共にしてほしいものです。もう一度、マグニチュード9が来るという仮定のもと、ラボを見直すべきでしょう。1000年に一度来る震災が来年またどこからかやってくるかもしれません。

今年のキーワードは、「改善」にしようと思います。どこかの会社のスローガンのようですね。うちの大学は「改善」した方が良いところがたくさんありますが、まずは自分のラボから始めましょう。

ところで「改善」の某自動車会社ですが、ディーラーは人手不足なのでしょうか。営業さんの能力が落ちてきているような気がします。夕方に車検に出した車が返ってくるのをずっと待っていたのですが、約束の時間を過ぎても連絡一つありませんでした。結局、ディーラーまで車を取りに行く羽目になりました。次は別のメーカーの車にしようと思います。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-04-07 21:20