Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda

<   2011年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧


3月31日?

これほど年度末らしくない年度末も始めてです。本日、うちの教授が定年退職されたわけですが、お祝いする余裕もありませんでした。そもそも離任式が昨日の30日だったそうです。30日の離任式は退職される方に失礼なのではないかと思い、出席はしませんでした。

夕方、教授が私のオフィスに挨拶されに来ました。お世話になりましたとお送りしましたが、明日以降も復旧作業が続くわけで感慨に浸る余裕もありません。桜が咲きだしたらバーベキューしながら花見でもしましょうと提案しました。花見ができるころまでには何とか目途をつけたいと思います。楽しい目標も必要でしょう。新4年生の実験テーマも考えないといけません。多数のことを同時進行して、しかも安全確保しながら遂行しないといけないわけです。いままでも安全確保には留意していましたが、あのような巨大な地震がまた来るかもしれないという考えが頭から離れないので、自分がラボやオフィスにいないときに実験させるのは怖いです。うちの学部は教員が一名で取り仕切るラボが多いですが、こういう非常時には問題があるようです。複数名の教員でひとつのラボを運営する方が安全に思えます。周辺のラボと協調して安全性確保に務めるしかありません。ラボで共有するルールを作る必要があるでしょう。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-03-31 20:25

大量廃棄

オフィスの雑誌類を大量に廃棄しました。10数年の間に蓄積した雑誌ですから、かなりの量でした。学会の要旨集なども一切合切捨ててしまいました。ほぼ読まなくなった書籍ですからオフィスの垢みたいなものです。さすがに教科書、参考書類は捨てられませんが、それでも身軽になり清々しい気分です。命にもかかわるので蔵書管理には気をつけないといけません。今回の経験で胸よりも高いところに本を並べるのは怖くなりました。学生部屋もかなりきれいになりました。今までよりも居心地が良さそうです。防災意識は高くなったことでしょう。

明日で今年度も終了です。教授の離任式もありましたし、今までの研究室は明日でおしまいです。明後日から、新しい研究室で出発したいと思います。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-03-30 20:28

散歩

午後10時前には寝て、5時起きして散歩しています。朝5時半にはかなり明るくなります。日に日に日が長くなってきています。ひばりも鳴いていますし、うぐいすも鳴いています。確実に春は近づいているようです。

しかし、近所の農家さんの立派な瓦屋根が崩落していたり、塀が壊れていたりします。散歩するときもあまり塀に近寄りすぎると危険です。原発の放射性物質の影響もあって、農作物、特に稲作がこれからどうなるのか気になります。いつも我々新参者にも明るく接してくれる農家さんの今後がとても気になっています。美しい稲穂が見られなくなることがないように祈ります。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-03-29 20:47

学生の声

今日は学生さんがラボの復旧作業を手伝ってくれました。まだ危険な箇所があるのであまり作業にタッチさせたくはないのですが、比較的安全な居室の整理を頼みました。研究室に学生の声が響くのは良いですね。日常に戻った気がしますし、気分的にも明るくなります。学生をおちょくったりするのは教員のちょっとした楽しみです。まだまだ先は長いですが学生とともに今までよりも良いラボ作りをしたいと思いますし、それは充分に可能だと思います。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-03-28 20:36

目標設定

今日は10時間寝ました。お陰で眠気も取れました。ここ数日、長い文章などを読むのは億劫だったのですが、読めるようになってきました。疲れがたまると長い文章を読みたくなくなりますが、これが私の健康のバロメーターになっています。

震災後2週間、全く運動をしていなかったので、運動したくなってきました。ただ、直近のマラソン大会には出ないことにしましたし、4月の草津温泉のヒルクライムレースにも行けそうにありません。新たな目標設定が必要です。目標設定を出来るというのはとてもありがたいことだと実感しています。仲間と目標を共有できるとなおいいですね。モチベーションが一段上がります。仕事でも趣味でも徐々にモチベーションを上げて、従来の生活を取り戻す努力をしていきましょう。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-03-27 16:06

眠気

昨日あたりから強い眠気に襲われています。今朝も6時前に目が覚めましたが、朝食後に2時間ほど寝てしまいました。昼飯を食べたあとにこの日記を書いていますが、また眠くなってきました。いつも春先は眠いものですが、尋常ではない眠さです。ほかに体調の変化はなく、食欲も普通にあります。地震酔いの症状も無くなってきています。

今週は火曜日から4日間、緊張した中での研究室復旧作業だったので、一気に疲れが出ているのかもしれません。大型の廃棄物を研究室から搬出できたので、ホッとしたこともあるかもしれません。来週からまた復旧作業が始まるので、この週末は少し休もうと思います。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-03-26 15:01

危険個所の処理と狭小ラボ

オフィスとラボの危険個所を処理しました。多数の教員が手伝ってくれて、倒壊した棚を引き起こして廃棄しました。大量にガラス器具が破損しましたが、幸い怪我人はひとりも出なかったようです。これでオフィスとラボは安全に行き来出来ます。作業を手伝ってくれた教員のみなさん、ありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。非常に頼もしかったです。

さらに大量のガラス器具やガスクロマトグラフィーなどの備品を数台廃棄しました。物が大量に減ったのでかなり明るいラボになりました。安全確保のためにはもっとラボの物品を廃棄しないといけないでしょう。そもそもこの狭小な面積で実験すること自体に無理があるのですが、教員あたりの面積は文科省が定めたルールで決まっているそうです。そのルールもこんな大災害は想定していなかったでしょう。この狭小な実験スペースで死傷者が出なかったのはかなりラッキーでした。農学部安全衛生委員会の先生方の啓蒙が活きたと言うべきでしょう。

大震災後に余震がたくさんありますが、研究棟の揺れ方が変わってきたのが気になります。従来にも増して剛性感がありません。建物中にクラックが入っているのですがその影響が出ているのかもしれません。いずれにしろあまりいい気分はしないです。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-03-25 18:19

この震災時の就活

意外と知られていないようですが、茨城大学もかなり被災しています。茨城大学は、阿見、水戸、日立の3キャンパスあるわけですが、日立はかなり甚大な被害を受けているそうです。ただ噂だけで実態が分かりません。情報が全くと言っていいほど我々には伝わってきません。情報寸断が被害の深刻さを物語っています。
我々は阿見キャンパスにいるわけですが、私の研究室もかなりの被害が出ています。しかし、今日の突貫作業で人が辛うじて通れるくらいのスペースを各部屋に作ることが出来ました。まだまだ大変の作業が残っているのですが、まずは第一歩という感じです。

こんな状況でも就職活動しなければいけない学生がうちの研究室にはいるわけです。就職希望する企業への書類として在学証明書が必要だそうです。しかし、学務係の事務機器が故障していて、在学証明書が発行できない状況だそうです。在学証明書がないと書類不備になり、企業が受け付けてくれないこともあるそうです。震災しているので在学証明書が入手不能であると説明しても、書類不備として受け付けてくれない企業もあるそうです。そんな企業を就職希望するのはやめておけと学生に言いました。そういう酷い企業は公表すればいいでしょう。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-03-24 20:42

卒業式

今日は卒業式がありました。本当なら水戸の武道館でやるはずですが、大震災の影響で各学部で対応することになりました。残念ですが仕方ありません。農学部も大教室で卒業式をしたようです。私は朝からラボの復旧作業をしていましたが、昼飯は卒業式から戻ってきた4年生と食べました。彼らとはしばらく会えないでしょうが、卒業後も研究室を訪れてほしいものです。最悪の今の状況からどう復興するのか見てほしいものです。

復旧作業は過酷です。全く進みません。とりあえず安全でいられる場所を確保したという状況です。どうも西日本の人には今の惨状が理解されていないようで、仕事関係の注文などの電話がかかってきます。もう少し被災状況をアピールしないとまずいのかなと思いました。ある方に「お会いできますか?」と言われましたが、丁重にお断りました。今はそのような状況ではありません。そういう申し出には罪はありませんが、度が過ぎるとイライラしてきます。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-03-23 20:23

復興作業

本格的に復興作業を開始しました。9時半に第一会議室に教職員が集合して、今後の指針について学部長から連絡を受けました。やはり4月からの講義開始は無理なようで、5月以降にずれ込むみたいです。土曜日も講義日になるかもしれませんが、今日は結論が出ませんでした。夏休みを潰すという案もあります。いずれにしろ4月は復興作業のみに集中することになるでしょう。常磐線の水戸方面も復旧しないので水戸との行き来も困難です。

余震が続く中、6階の自分のオフィスと実験室の復旧作業をしました。今日、一日作業して、地震直後よりもかなりマシにはなりましたが、現状復帰にはどのくらいかかるのか、全く予測できません。素人では手が出せないような危険な個所がいくつかあります。唯一の救いは電源が来ていることで、実験サンプルや高額な試薬などが救われている可能性があるということです。震災状況の写真を整理していますが、良く死人が出なかったと思います。ちょうど、卒論シーズンが終了していてラボで実験している人が少なかったのと、送別会の準備を始めようというときだったので、それがラッキーでした。もう一時間、震災が来るのが遅ければ、送別会の準備で煮炊きしていたはずで、火災など起こったかもしれないです。背筋が凍る思いをしています。

明日も朝から復興作業します。8時半から17時15分の間に作業することが決められています。教職員にも少し疲れが見られます。体調管理には充分注意しないといけません。長い闘いの始まりです。私の研究室は立ち入り禁止という紙が貼られました。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-03-22 22:19