Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

学位論文の査読

学位論文の査読をしています。毎年、この時期は卒業論文、修士論文の査読を行うわけですが、とりわけ博士学位論文の査読は大変です。

査読していていつも思うのですが、すごくよく書けている論文とそうではない論文がハッキリ二分されるということです。学部生の成績も二峰型になるのですがそれと似ています。なぜなのか考えたのですが、良く書けていない学位論文は駆け足で急いだ印象があります。スペルミスや誤植などがそのままだったりするのでそう判断できるのですが、時間をかけて査読する側からすると何ともやりきれない時間を過ごすことになります。多分、学位だけが必要で、今後、研究する人生を歩まない人はこういう論文を書くのでしょう。こういう論文を読むことも仕事なので仕方がありませんが、やはり学位論文なのですから、著者ご本人が納得する形で提出していただきたいと思います(それで納得しているとしたら大問題なのですが。往々にしてそうですけど)。また審査の甘さも問題かもしれません。博士号の方が社会に受け入れられにくいことが問題になっていますが、大学側の見識が社会から問われていると考えるべきでしょう。量より質で世界と勝負しないとダメで、博士を乱発する時代は終わっていると考えるべきです。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-01-18 12:49
<< 研究のディスカッション 阪神淡路大震災から16年 >>