Ami Express


茨城大学農学部飼料資源科学研究室公式ブログ。研究内容、教学支援、講義内容などを発信していきます。
by atsutoyoda
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

理研の糸原重美先生講義

理研の糸原重美先生が大学院特別講義でいらっしゃいました。春休み期間中の大学院講義なのに学部生、しかも2年生の聴講者が多くて、とても好ましく思いました。非常に意欲的な学生もいるわけですね。私も学生たちに混じって講義を聞きました。今日は、マウスジェネティクスの概要とシナプススカッフォールドタンパク質であるX11L遺伝子KOマウスの表現型解析のお話でした。X11については昔、神戸のERATO高井研にいた時にTwoHybridやPullDownアッセイで結合タンパク質の単離にトライしたこともあり、思い出深いタンパク質です(苦い思い出ですが・・・)。このKOマウスは接近欲求行動が特異的に阻害されているそうですが、このフェノタイプを見つけ出すのにかなり苦労したとのことでした。実験担当した学生さんが博士課程を終えたあと、ようやく異常を見つけたということですが、KOマウスのちょっとした体重変動と摂食行動の異常を見つけたのがきっかけということです。この気づきがきっかけとなって一気に研究が進んで、下記の成果が論文になったということです。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19420255

マウスやラットの行動学を始めた私に取ってみると、なかなか示唆に富んだお話しでした。理研でさえ5年かかる仕事が、うちの研究室では何年かかるんだ?などと考えながらも、時間がかかっても自分が面白いと思える研究を頑固に遂行していきたいと思います。仕分けされたらその時に考えれば良いでしょう。

明日も9時半から講義ですがどんなお話しが聞けるか楽しみです。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-02-17 22:13
<< 理研糸原先生講義2日目 会議で一日 >>