Ami Express

非常時に分かること

3月11日に始まった一連の大災害ですが、相変わらず大きい余震と原発事故で一時も気が休まるときがないという感じです。このひと月にいろいろなことが分かりました。その立ち振舞いを見て、「人」が良く分かるというのは以前にこのブログでも書いたのですが、大学には無駄な事務作業が如何に多いかということも良く分かります。この際、組織や事務処理を一気に簡素化する努力をしてみては如何でしょうか?あらゆるシステムの簡素化を目指し、それを実現することはエネルギーの効率化と同じ意味を持つと考えるべきでしょう。カリキュラム改革ももちろん大切ですが、この夏の電力需要を下げるような学内運営を実現することが重要に思えます。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-04-13 18:10
<< M8の余震 講義開始と余震 >>