Ami Express

M8の余震

M8の余震が来る可能性があるそうです。どこが震源になるか分かりませんが、私の職場も震度5とか6台になることは予想されます。今の状況で震度6強が来たら建物が耐えらるのか不安があります。6階の私の実験室などは再び厳しい状況になることは間違いありません。私のラボがある研究棟を建築士は安全と評価したそうですが、安心とは程遠い環境です。ラボのメンバーにも不安の色が濃くなってきました。決断が必要な時期に来ているのではないかと思い、別棟の研究棟に一時避難をすることにしました。メンバーの安全を確保することが、私にできる最も重要なことです。

別棟の研究室に行き状況確認しましたが、壁などに損傷もなく、いつもと変わらない状況でした。心理的に全然違います。壁に深い亀裂が入って、始終、ゆらゆら揺れている環境よりもずっと安心できます。もちろん安心しきってはいけませんが、少なくとも不安のレベルは下がります。夕方、そのゆらゆら揺れる研究棟の2階で会議をしましたが、2階にいるだけでずいぶん心理的に楽です。下層階にいる教職員には上層階の状況が分かりにくいかもしれません。被災状況をシェアして危機意識を全構成員で共有することが今後の災害を防ぐために重要ではないかと思います。
[PR]

by atsutoyoda | 2011-04-14 13:10
<< 二日酔い 非常時に分かること >>